知ったらすぐに試したくなる!ほうれい線を予防する3つの方法

ほうれい線はたるみがポイント

年齢を重ねるにつれ、頬はたるみやすくなってきます。その頬のたるみが実はほうれい線を作ってしまう原因なのです。そのためほうれい線を予防するには、まず頬のたるみを解消する必要があります。頬のたるみを解消するには、表情筋を鍛える事が重要なポイントです。鍛え方は様々ありますが、どこでも出来る方法として口の中いっぱいに空気を溜め込んで頬を膨らまし、次に口の中に入ってる空気を一気に外に出して頬をしぼめるといった体操があります。仕事の合間や休憩時間に簡単に出来る方法なので、定期的にやってみましょう。

マッサージで顔の血流を良くしよう

顔の血流が悪くなってしまうと、むくみを生じやすくなってきます。むくみは放っておくとほうれい線の原因にもなりますので注意が必要です。顔の血流を良くするためには、フェイスマッサージが効果的です。マッサージをする際には、専用のクリームやオイルを使って行うようにしましょう。そしてマッサージの順番は、耳の前から始まり次に首筋、そして鎖骨となります。この順番でマッサージする事により、顔全体に血液が行きわたり、顔色も良くなりむくみが解消されます。

癖がむくみの原因になる事も!?

実はむくみは、普段自分が無意識にしている癖でも生じる事があります。例えば食べ物は常に同じ方向の歯で噛んでいるなど、自分でも気づきにくいケースが多いようです。しかしその状態のままにしておくと、頬が片方だけしか使われていないため下がってきます。そうするとほうれい線が出来やすい状態になってしまいます。普段の自分の行動を見直して、少しづつ改善していきましょう。

品川美容外科の告訴まとめサイト