美肌をキープするためには?ズバリ睡眠と食事!

美肌と睡眠の関係とは

美肌をキープしようと思ったら肌の外側からのケアを重視しがちですが、体の内面の状態を整えることが重要となります。美肌との関係で大切なことの一つが、良質な睡眠です。たくさん寝ればよいかというとそういうわけではなく、入眠後最初の3時間も成長ホルモンが分泌される時間とされています。これを肌のゴールデンタイムと呼びます。成長ホルモンは傷ついた細胞を修復し、肌を再生するために必要なものです。寝ている間に肌が日々生まれ変わっているのです。また最初の3時間にどれだけ深く眠れるかで成長ホルモンの分泌量が変わってくるので、浅い眠りやなかなか寝付けないということがあってはなりません。寝る直前の食事やテレビやパソコン、スマホなどの強い光は、脳に刺激を与えたり眠りを妨げます。音楽やアロマなどでリラックスすると寝つきがよくなるといわれています。

美肌と食事の関係とは

美肌をキープするためにもう一つ大切なことは食事です。例えば、肌に必要な栄養はタンパク質です。肌のメイン材料となる栄養素ですが、タンパク質は取りだめすることができません。1日3食に肉や魚、卵や大豆製品などのタンパク質のおかずを食べることがおすすめです。また、脂質は体に悪いというイメージがありますが、脂質を減らしすぎると肌の潤いを失ってしまいますし、栄養素の利用効率も悪くなってしまいます。脂質の摂りすぎはもちろんいけませんが、オリーブオイルやごま油など植物油を中心に1日小さじ5杯程度を目安にして適量摂るのがよい方法です。その他にも、食物繊維や発酵食品は腸内をきれいにする働きがあります。腸内環境が整うことで要らないものが排出され、美肌にもつながるのです。

品川美容外科の提訴まとめサイト