美しい肌のために! 質の高い睡眠を忘れないで

美肌は寝ているあいだに作られる

誰もが毎日行っている睡眠は、健康的な肌を保つためにも欠かせません。寝ているあいだに肌のターンオーバーが促進され、日中の紫外線などによるダメージが回復するからです。睡眠時間が短いのがよくないのはもちろん、深い眠りを確保することも大切です。適切な睡眠時間は個人差がありますが、おおむね6~9時間がよいでしょう。ある程度の時間眠れば、深い眠りと浅い眠りを自然と繰り返しますが、途中で目が覚めることが多いと睡眠の質はあまりよくない(眠りが浅い時間が多い)かもしれません。

しっかりとした眠りのためにできること

眠りの質を追求するために、寝る時間と起きる時間のリズムをなるべく統一しましょう。寝たり起きたりする時間がバラバラだと、睡眠の質が乱れがちです。また、寝る1時間前くらいから明るい光を浴びるのを避けてください。テレビやスマホはなるべく使わず、可能であれば部屋の明かりも少し暗くできると最高です。明るい光が目に入ると眠りにくくなってしまうので、落ち着いた環境を作りましょう。また、寝室の温度管理も大切です。暑くても寒くても眠りにくいので、エアコンなどを効果的に使ってください。寝つきが悪い状態が発生してしばらく続くなら、医師に相談するのもよいでしょう。

昼間に寝なければいけないときは

夜勤のある仕事に就いていると、外が明るい時間帯に寝なければいけないこともあります。そんなときは、遮光カーテンを使ってください。外からの光を遮断して、室内を夜のような環境にできます。周囲の生活音については、遮音機能のあるカーテンや耳栓の使用がおすすめです。

品川美容外科の訴訟まとめサイト