飲むのも入浴剤にするのも肌に塗るのも自由!お酒の力で美肌になりませんか?

自分に合った方法で日本酒を利用してみよう!

発酵の過程で生成されるコウジ酸や旨み成分以外にも、豊富なアミノ酸など美容にいい成分がいっぱい詰まっている日本酒。すでに化粧品メーカーが、日本酒を使ったスキンケア用の化粧水やフェイスパックなどをリリースしています。天然の成分で美肌作りができるので、身体に優しい化粧品を求めている人にもおすすめ。普通に日本酒を飲む方法なら内側からきれいになれますし、化粧水として肌に塗ったり、日本酒風呂に入ることで外側からケアする方法もいいですね。自分の実践しやすい方法を選びましょう。ちなみに日本酒を使った化粧水は自分で作ることもできるんですよ。入浴剤代わりに使う日本酒は、余ったものや古いものでも構いません。日本酒中に含まれているアデノシンの血行促進作用を利用して、冷え性の改善や体のめぐりを良くしたいならお風呂がいいかもしれないですね。

日本酒で肌の老化に対抗できる理由って?

肌の保湿を考えているなら、アミノ酸を補わなくてはいけません。たんぱく質を構成するアミノ酸と肌の潤いにどんな関連性があるのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。人間の皮膚には天然の保湿因子が最初からありますが、アミノ酸はこの保湿因子の構成成分なんです。日本酒には、アミノ酸が合計で20種類も含まれています。中でもコラーゲンの合成をサポートしてくれるアルギニンやプロリンのように、アンチエイジングに重要な役目を果たすアミノ酸を身体に補給することができるんですよ!特にアルギニンは、脂肪が燃えるように促す働きもあるので、ダイエットサプリにもよく配合されていますよね。

品川美容外科の告訴について詳しく