かかとのひび割れはいつでも起きる?角質ケアの正しい方法を学ぼう!

かかとにひび割れが生じる原因と生活習慣の関係

かかとのひび割れは角質化した表皮が乾燥によって収縮し、裂けた状態を指します。ひび割れは強い痛みや出血に見舞われる他、傷口に細菌が入り込んで感染症に見舞われる危険もあることから速やかな治療が不可欠です。また、一度ひび割れが出来た部分は再発しやすくなるので、日頃からスキンケアを行うのがトラブル回避の条件になります。

かかとにひび割れが出来る原因の多くは低温による表皮の乾燥です。気温が下がる冬季はかかとを冷やすと表皮の水分が低下し、ひび割れに繋がる乾燥が生じやすくなります。また、サイズが小さい靴を無理に履くことで血行が悪くなり、足の温度が下がるのもひび割れのリスクを増大させてしまうので注意が必要です。汗に濡れた状態で放置するのも急激な温度低下を引き起こすので、こまめに汗を拭き取って余分な湿気を籠らせないように気を配ります。

ひび割れが生じた際の対処方法と予防の心得

かかとのひび割れが生じた場合、速やかに皮膚科の専門病院で治療を受けるのが最適な対処法です。傷口に細菌が入り込んで感染している可能性があるため、薬剤による消毒が必要になります。また、角質化した表皮に弾力性を持たせ、ひび割れの再発を防ぐのも病院での治療を受ける目的の一つです。

暮らしの中では足を冷やさず、余分な湿気を籠らせないのがかかとのトラブルを未然に防ぐための工夫になります。サイズが丁度良く、通気性に富んでいる靴を履くことで足への負担を減らすことが可能です。また、かかとの表皮を定期的に削って角質化しかけている部分を取り除くのも効果的な方法の一つですが、やり過ぎると必要な表皮まで傷つけてしまうので十分に注意する必要があります。

品川美容外科の判例まとめサイト