チークだけで印象が変わる!?なりたい自分に近づくチーク術

なりたい印象に合わせて色を選ぶ!

メイクの中でも簡単に印象を変えられるのがチークです。頬にひとはけ乗せれば血色感が生まれ、選んだ色によってはイメージチェンジも可能です。

チークの色を選ぶ時には自分がなりたい印象に近づくアイテムを選びます。彩度が高ければフレッシュな印象に、落ち着いたイメージにしたいのなら彩度が低いものを選ぶ事がコツです。優しいイメージにしたいのなら透け感のあるピンクにして、柔らかい印象にします。黄色味があるコーラルチークは日本人の肌に合う色で、どんなタイプの人にも馴染みやすいです。自然体でナチュラルなイメージにしたい場合に使います。ベージュ系のチークはやや赤みを含んでいて、色味を感じさせないのが特徴です。大人っぽい印象にしたい時やクールなイメージにする時に使うと便利です。

塗り方でもイメチェン!チークを入れる位置と形

チークは色だけでなく、形や入れる位置によってイメージを変えられるのが魅力です。丸みがあって角が無いフォルムにすれば可愛らしい印象に、鋭角な形にすれば大人っぽいイメージです。横長の形にするとニュートラルな顔になり、甘過ぎず、クールにならないチークになるのでどんなシーンでも使えます。また頬の内側を入れれば入れるほど幼くなり、外側に入れると大人の印象になります。

どの方法でも側面までチークを入れ過ぎない様に注意して、頬の高い位置からスタートさせる事がポイントです。ブラシにチークを取ったら手の甲やティシュで余分な粉を落とすとより自然に仕上がります。

品川美容外科の告訴まとめサイト