紫外線ってこんなに怖いんです!シミができるだけじゃない、お肌の老化にも!

紫外線の種類について。UV-A派とB派、怖いのは?

太陽光に含まれる紫外線、大きく分けてUV-A派とUV-B派の二つがあります。UV-A派の場合、年間を通じて地上に照射されており、ガラスを通り、肌の真皮層にまで到達してしまいます。ちなみに、曇りの日でも雨の日でもUV-A派は地上に降り注いでいます。UV-B派の場合、5月頃から夏場にかけて照射量が増えていき、浴びすぎることで日焼けやしみ、そばかすの原因となります。ガラスなどで遮断することができるのがUV-B派ですので、紫外線対策をしっかり行えば防ぐことができます。一方、UV-A派は防ぐことが非常に難しく、浴びすぎることで眼を痛めたり、皮膚がんを誘発してしまったり、肌老化を促進させてしまいます。ちなみに肌老化の約9割の原因が紫外線と言われています。

どうして紫外線を浴びすぎると肌が老化するのか

では、紫外線でも特にUV-A派はどのようにして肌老化を促進させてしまうのでしょうか。肌老化とは、お肌の真皮層に分布するコラーゲンやエラスチン繊維芽細胞が傷つき、ハリや弾力がどんどん低下してシワやたるみになってしまうことです。特にUV-A派はお肌の真皮層にまで届くことができ、コラーゲンを始めとする細胞を傷つけてしまいます。外に出ることが多い人と家や建物の中で過ごすことが多い人のお肌を比べてみると、外で過ごす時間が多い人の方が圧倒的にシワやたるみも多くなっています。ちなみに、一度浴びた紫外線の量は着実に蓄積されていますので、10年後、20年後にシミやしわとして現れていきます。ですので、日ごろからしっかり日焼け止めクリームを塗ったり帽子をかぶったり日傘をさしたりと、紫外線対策をすることが大切です。

品川美容外科の裁判について詳しく